デジタル カメラマン 応援ブログ

デジタルカメラを通して見るワクワクする人やモノを応援するブログです。 Digital Cameraman Blog

【博多祇園山車に、視聴率トップの 篤姫 を発見! 】

昨日のブログの記事が、グーグル検索にヒットしないため、一部修正して再登録してみます。
通常は、タイトルを、検索窓に入力するとヒットしていますが、芸能人の名前か、単語の表示頻度かが
グーグルの違法SEO対策が適用されて、記事が登録されていないようです。
---------------------------------------------------------------------
篤姫」の視聴率が、20000年代のベストワンを達成

篤姫』が今年度No.1平均視聴率獲得!! 00年以降大河作品の中でもトップに
>>ORICON STYLE
http://contents.oricon.co.jp/news/movie/57343/full/

放送開始以来 視聴率20%以上をずっと維持。
大河ドラマ史上最年少主演の、はつらつとした表情を見せる「宮崎あおい」さん
も輝いて魅力的です。


JR博多駅を出ると、目の前に見上げるように大きな山車に圧倒されました。

博多祇園山車の全体
博多祇園山車全景


1241年に始まったという、伝統的な夏祭りとして
国の重要無形民俗文化財にも指定されている博多祇園山笠は、
福岡県に住んでいた幼稚園の頃の私の記憶の中にワンシーンとして残っています。

母親や今は亡き父親に電車に乗って見せてもらった商店街のアーケードには、いくつもの きらびやかな山車が並んでいた風景を、強烈な印象として今でも思い出します。

博多祇園山笠は、760年以上も受け継がれ、篤姫と結び付き現代に引き継がれていました。

 ズームが自在な写真&ムービーカメラ Xacti(ザクティ)で撮影しました。 

デジタルムービーカメラ Xacti(ザクティ)DMX-CA8 (ホワイト)


博多山車の解説書
人形制作 生野四郎氏 /「篤姫」の博多祇園山笠の解説です。


---------------------------------------------------------------------
記事公開後

いくつかの検索窓で検索してみると、Lunascape4 のGoogleで検索をかけると、表示できないようです。

「i Google」や、「Ctrtを2回押して検索窓を表示」で検索をかけてみると、しっかりと登録されていました。

正規の「Google」検索窓と何らかの差を設けているのか分かりませんが、登録されていて一安心です。

この記事のタイトル全文字【博多祇園山車に、視聴率トップの 篤姫 を発見! 】でGoogle検索かけてみたところ、
約20分後には、検索にヒットするように登録されていました。
文章を分析しサーバーに登録されるスピードには、圧倒されます。
---------------------------------------------------------------------


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3768518140185305"
data-ad-slot="3718161165"
data-ad-format="auto">


【 博多祇園山車の魅力を、視聴率トップの篤姫が引き継ぎ767年 】

篤姫」の視聴率が、20000年代のベストワンを達成

篤姫』が今年度No.1平均視聴率獲得!! 00年以降大河作品の中でもトップに
>>ORICON STYLE
http://contents.oricon.co.jp/news/movie/57343/full/

放送開始以来 視聴率20%以上をずっと維持。
大河ドラマ史上最年少主演の、はつらつとした表情を見せる「宮崎あおい」さん
も輝いて魅力的です。


篤姫の魅力を伝える壮大な山車を、見つけました。

JR博多駅を出ると、目の前に見上げるように大きな山車に圧倒されました。

篤姫が一番上に載った博多祇園山車


1241年に始まったという、伝統的な夏祭りとして
国の重要無形民俗文化財にも指定されている博多祇園山笠は、
福岡県に住んでいた幼稚園の頃の私の記憶の中にワンシーンとして残っています。

母親や今は亡き父親に電車に乗って見せてもらった商店街のアーケードには、いくつもの きらびやかな山車が並んでいた風景を、強烈な印象として今でも思い出します。

博多祇園山笠は、760年以上も受け継がれ、篤姫と結び付き現代に引き継がれていました。

 ズームが自在な写真&ムービーカメラ Xacti(ザクティ)で撮影しました。 

デジタルムービーカメラ Xacti(ザクティ)DMX-CA8 (ホワイト)


博多山車の解説書
人形制作 生野四郎氏 /「篤姫」の博多祇園山笠の解説です。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3768518140185305"
data-ad-slot="3718161165"
data-ad-format="auto">



【 バレンタインデーはドイツ風?手作りストロベリーチョコがおしゃれ 】



style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-3768518140185305"
data-ad-slot="9524349166">


バレンタインデーの朝が来ました。

女性は、自分の席に着くなり一人ずつにバレンタインチョコを配って歩いていました。
コミュニケーションを取りながらのチョコレート

その中でも、初めて見た手作りのストロベリーチョコがこれ!

鮮やかな赤と緑のイチゴの色と、チョコレートのブラックなコントラストがくっきりときれい!!

ドイツ的なはっきりとしたイメージかな?

金髪のドイツ人デザイナーからの心を込めた手作りチョコでした。
(もちろんモデルさんみたいな美人!)

Thank You!

今年は、一つのテーブルに複数のチョコレートが、持ち寄って置かれていて、
色々なチョコを、つまませてもらったバレンタインデーでした。

いつもお世話になっている方からは、「銀座のレンガ」と言う「生チョコレート」を
いただきました。 
フォークが付いていて、口に入れるとヌガーとした生な食感。
濃くておいしい。

ありがとう。



”Strawberry Chocolate”

【 秋はバーデンバーデンのカラカラテルメに長期滞在でゆったりと 】





style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-3768518140185305"
data-ad-slot="9524349166">

秋が近づくと、ゆったりとした時間を、温泉で過ごしたくなってきます。
ホテルは、中世のお城を改造した古い建物。
夜には、温泉に入った後に、カジノへ出かけます。

バブル崩壊後、まだその頃の熱気が残っていた1993年に10人位のメンバーでリッチな雰囲気をたっぷり楽しむヨーロッパ旅行へ出掛けました。
初対面のメンバー達でしたが、一緒に行った方に、映画「半落ち」等で活躍中の女優さんのお父様もいらっしゃいました。

温泉へは、世界中の温泉関係者が参考にする、長期滞在型の高級保養地、ドイツ・バーデンバーデンの「カラカラ・テルメ」へ行きました。

元お城のホテルに着くと、広い部屋に1人ずつ入り、それぞれの部屋の作りを見て回りました。
お風呂のお湯の緑色が非常に美しく印象深く残っています。

しかし水が合わなかったようで、体調が悪くなり、温泉に行く時間に部屋で一人休んでいた苦い思い出があります。

帰ってきたメンバーによると、金曜日の夜で家族連れと、中高校生で大変にぎわっており1階は水着着用のプール、2階のサウナは、裸が条件の混浴だったそうです。

さすが、裸婦像に歴史のあるヨーロッパ気質と言うのか、日本では考えられないオープンさ!!だったとうらやましい話しを聞かされたものです。

夜になり体調も何とか持ち直し、皆でカジノへ出掛けました。 
カジノへは、地元の人は入場禁止です。 パスポートを見せて旅行者であることを証明して、おしゃれな映画のような大人の空間へ入って行きました。 
日本にこんなに大人が集まれる落ち着いた雰囲気の空間は、無いなーとその時には、思いました。

バーデンバーデンのカジノの夜は、大人の社交場。 
黒いスーツやドレスで着飾った人々が集まり、おしゃれな雰囲気を醸し出します。
---------------------------------------------------------------------
写真を特に意識しない時代の35mmコンパクトカメラで撮影した、数少ない写真をスキャンしてみました。
今から思うと、一眼レフカメラを持って、たくさん取れば良かったのにと思います。 ( 荷物を軽くしたい誘惑に勝てなかったもので )


バーデンバーデンの緑の芝と白い建物
バーデンバーデンの風景


カラカラ浴場遠景の白い建物に湯気
カラカラテルメの湯気


カラカラ浴場の屋外温泉の湯気の中で泳ぐ人々
屋外温泉プールで泳ぐ


緑の芝にはさまれた道を、向こうから夫婦、こちらから白い犬
芝生の街を行く


小さなL版サイズの写真が残っていましたが、35mmフイルムカメラの粒子の細かさや、発色の自然さに改めて注目させられました。

いつもデジカメで頻繁に行う、色相・彩度・明度・コントラストの調整とデジカメの粒状感の削減を、全く行う必要が無いと感じ、トリミングもせずに、アップしました。

▼ バーデンバーデン
http://www.baden-baden.de/jp/index.html

▼ カラカラテルメ
http://www.onsen-forum.jp/co/column/foreigninfo/badenbaden.html

▼ 癒・高級温泉宿


▼ スイートルーム特集


▼ ANA楽パック


▼ ペットと泊まれる宿






style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3768518140185305"
data-ad-slot="3718161165"
data-ad-format="auto">

このカテゴリーに該当する記事はありません。