FC2ブログ
デジタル カメラマン 応援ブログ 2009年10月
デジタル カメラマン 応援ブログ
デジタルカメラを通して見るワクワクする人やモノを応援するブログです。 Digital Cameraman Blog
プロフィール

-----------------------------

Hassea

Author:Hassea
2012年度 YouTube動物動画において再生回数で世界一を達成できました。

2004年11月に一般向けデジタル一眼レフカメラが発売され、早速撮影を始めました。 娘の一輪車大会の撮影等を経て現在は、YouTuberとして活動しています。

メーカーでプロダクトデザイナー、ユーザー・インタフェースデザイナーとして様々な公共用機器や、市販のスマホ等のデザインに関わりました。
早期退職し現在は、新たな夢に向かってワクワクの日々を送っています。


・リンクはご自由にどうぞ。

digital_cameraman


・コメント・トラックバックは、
承認後に表示されます。

(本文に引用の無いトラックバック
は、未承認とさせていただきま
すのでご了承ください。)

・写真・映像の転用はご遠慮ください。

-----------------------------



記事・カテゴリー



写真・デジカメ関連サイト

track feed
◆このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

連絡事項がありましたら、ご利用ください。



Web + ブログ内検索

▼Web検索

Google
▼サイト内検索



最近の記事

→全記事リストを表示



カレンダー


Since 2007.05.05

→Blog Topへ(4件表示)



Automatic translation



デジカメ関連 カテゴリー

売れ筋・人気商品・クチコミ情報
今週の売れ筋が分かります

--------------------------
◆お勧めデジタル一眼カメラ
--------------------------
◆最新コンパクト デジカメ
-----------------------
◆交換レンズ
-----------------------
●ビデオカメラ
-----------------------
◆写真用プリンター
-----------------------
◆メモリーカード
-----------------------
◆バッテリー
-----------------------
◆三 脚
-----------------------
◆カードリーダー
-----------------------
◆カメラ用ケース
-----------------------
◆その他のカメラアクセサリー
-----------------------
→デジカメ チャンネル
--------------------------
PC・Web2.0関連図書
-----------------------
アート・デザイン関連図書
--------------------------
ビジネス・経済関連図書
-----------------------
実用・ホビー関連図書
-----------------------
旅行ガイド関連図書
-----------------------
科学・テクノ関連図書
-----------------------
語学・事典関連図書 
-----------------------
資格・検定関連図書 
-----------------------
ベストセラー図書
----------------------
◆グラッフィクソフト
----------------------
◆PCユーティリティソフト
----------------------
◆素材・データ集
-----------------------------
写真素材-フォトライブラリー
マイフォトを登録しています



掲載写真のご紹介

デジタル「写真の学校」
キットタケナガ
東京写真学園 他 (2005/07)
雷鳥社

【写真は楽しい。 撮る技術が身に
つけばもっと楽しい】

私が青山で撮影したバイクの 写真が掲載されました。

--------------------------
写真のプロになる! 「写真の学校」
久門 易 (2007/02) 雷鳥社

【写真は楽しい。 撮ることを仕事に
したら、もっと楽しい】

私が撮影した真っ赤なトマトの 写真が掲載されました。



デジタルカメラ関連商品



QRコード

携帯電話からのアクセス用

QR



【 パーソナルシアターチェア ムーブルサウンド最高! 】
ホームシアターのサウンドは、7.1CH等 複数のスピーカーで臨場感の高い
サウンドを提供してくれます。
しかし我が家では隣近所に悪いからと、テレビの音でさえも押さえ気味に視ています。
レーザーディスクのリアルな映像を、プロジェクターで楽しもうと言う時には、大音響で
楽しみたいものです。
私は、現在5.1CHヘッドホンを使用していますが、数年前までは、パイオニアの
ボディソニックで映画やテレビを楽しんでいました。 数年前に壊れて廃棄してしまいました。

ボディソニックの使用感は 、ヘッドホンの圧迫感もなく、臨場感が全身に伝わって
すばらしい!! 

10年間位、使用していましたが、買ったばかりの頃、トムクルーズの「トップガン」等を
視ましたが、戦闘機ガンガンの迫力サウンドを耳元で鳴らし、すごい迫力でボディ
ソニックにピッタリの映画でした。

夜中にも関わらず あまりにも大きくすごい音なので 大丈夫かなと席を立って確認の
ために1mも離れると、音はスピーカーの周囲に漏れている程度で室内はシーンと
静かでした。

【 ムーブルサウンドキュア / LB-812 】
従来のマッサージ機能に変えて音と振動による精神的リラ...



フットレストも付いて、くつろげるサウンドチェアです。


特にホラー映画を夜中に見る時の臨場感は、他に代えがたいものがあります。

▼【 復活を願う! ボディソニックの超低音は、ホラー映画にピッタリ! 】
http://izumaru.blog103.fc2.com/blog-entry-188.html

---------------------------------------------------------------
▼スピーカー&ヒーター内蔵チェア スピーチェ レッド
http://digimono.ganriki.net/4095272.html

スピーチェ レッド

▼スピーカー&ヒーター内蔵チェア スピーチェ ブラウン 









style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3768518140185305"
data-ad-slot="3718161165"
data-ad-format="auto">



---------------------------------------------------------------------
▼ 励みになります。

ビジネスブログ100選 ビジネスブログランキング >> ◆デザイナー集合サイトへ

---------------------------------------------------------------------

【 電子書籍の豊な未来 一生かかって作り上げるMy書庫 】






雑誌の未来の在り方がここにあると思い、昨日ネット上で早速購入してみましたが、
そのコルシカの雑誌販売サイトから大量の雑誌が消えてしましました。

【コルシカ】から重要な連絡メールが来ています。

Web上での閲覧を中止し、返金処理を行い行うとの事です。

そして最後にこう書かれています。

『日本雑誌協会の要請に基づき、共にデジタル分野での新しい雑誌の可能性を追求し、
雑誌デジタルコンテンツ化推進への協力を模索して参りたいと考えておりますので、
これからもコルシカをご愛顧いただければ幸いでございます。』

▼コルシカ
http://www.corseka.jp/
---------------------------------------------------------------------
◆強力な電子書籍流通販売元

グーグルが、著作権切れの書籍を、大量に無料で公開しようとして著作権者の作家等
からの強い反発があり。

アマゾンが、書籍のオンライン販売から、次のステップとして電子ブック(キンド)ルの
コンテンツとして、いよいよアメリカ以外の約100カ国でも販売が始まろうとしています。

世界を相手にするこの2強に販売利益の大半を持っていかれるのだろうか。
---------------------------------------------------------------------
◆出版社のコンテンツ開発者としての未来

【コルシカ】は、出版社から購入した在庫分を販売するとのことで、お互いにハッピーな
関係を築こうとして始まったサービスです。
この事業が成り立つためには、購入時に取次ぎ店から販売価格以下で仕入れる必要が
あります。

出版社側からすると本当に雑誌を出版社から購入して販売されているのかを、確認
する術がないため、このままでは大きな販売機会の損失が発生する事になります。

【コルシカ】には、昨日約100冊の雑誌が登録されていました。 そして「日本雑誌協会
の要請」に対応して、現時点では、約30冊の雑誌が登録されています。
今のサービス形態でOKと言う出版社が残っています。 

ビジネスとしての可能性を認めた30冊の出版社が応援団となり、ユーザーにとっての
メリットもはっきりと見えています。 
いずれ雑誌のネット販売は広く普及して行くと思われます。
販売手段を持った所が収益の大半を占めるとすると、グーグルとアマゾン以外には、
アップルかと言う事になってゆきます。
雑誌のコンテンツとしての価値をいかに確保してゆけるのか。 
流通手段の競争が激しくなってきました。
---------------------------------------------------------------------
◆電子書籍の未来はこうなるのかもしれない。 という妄想

1歳の誕生日になると、両親が絵本をネット上で購入します。
それをリビングの大型テレビで一緒に見ながら、手元のページめくりリモコンをこどもが
触っています。

成長するにつれて、絵本以外にも図鑑やゲーム雑誌等が、ネット上のフォルダーに
大量に溜まっています。

そして小学校の入学祝いにお父さんは、こども部屋をネット上に作って与えます。

机の上の書見台に本や雑誌を立てかけてページをめくってゆきます。

部屋には、書籍が増えるにつれて本棚を増やしてゆき、背表紙を一覧できるように
12畳程度の部屋は書棚で囲まれてゆきます。
中学生になる頃には、部屋が10本位の書棚で囲まれています。

その子にとっての趣味の専門領域の書籍も充実してきています。
書棚の背表紙に触れると概要がポップアップ表示され、自分のシオリを目安に、本文や
手描きメモをパラパラと眺めてゆきます。

大学生時代になると、更に専門的な書籍が充実し、分野によって部屋を複数使い分け
ています。
一階は、趣味のゲームや、スポーツ関連分野。 二階は、専門の教育分野等で立体3D
テレビで自分の書庫部屋を、行き来する事ができ、他の人を招待することもできます。

調べたい内容があると、ネットにつながった電子メガネを「透過モード」から「3D閲覧
モード」に切り替えて目の前に現れた自分の書庫の蔵書から必要な文章が書かれた
ページを呼び出してレポートの参考にします。

そして教室で自分の考えを説明している時には、必要な図表を、お気に入りから即座に
呼び出して教室の大型モニターにワイヤレス送信して説明を行います。

---------------------------------------------------------------------
◆電子書籍販売を取り巻く新勢力はどこへ

電子メガネで見る電子書籍は、グーグル等が公開している著作権フリーの書籍以外に、
新刊の書籍や雑誌をいくつかの販売サイトから購入します。

大きな液晶TVがほしいが置き場所がない困った・・・
それがAV310WSならなんと52インチ!今なら送...





アップルブックスから?(今はまだ無いが、iPhone向けの電子書籍、雑誌、新聞
コンテンツ販売サイトが始まるのでは?)

アマゾンジャパンから?(電子ブックの「Amazon Kindle」用の日本語版コンテンツ
販売がもうすぐ開始されそうです。)

ENIGMOのコルシカから?(ビジネスモデルを早く確立して日本から世界へ進出して
ください)

TSUTAYA BOOK レンタルでは、新刊は、1週間単位、旧作は1ヶ月単位で借り、
その後データは自動的に消滅します。

BOOKOFF では、購入していらなくなったデータを買い取り、再度販売する時には、著作権者に相応の費用を払う事で事業として成り立つようになっています。

物理的な書籍は、どうなるのだろうか。  街の本屋さんは・・・

e Paper の手触り感が紙の感触に近づき、メモも書き込めるようになれば大半の
書籍は電子書籍に置き換わってしまいます。 それば10年後か、5年後か

百科事典を飾る事が、一つのステータスだった時代から、あっと言う間に手のひらに載る
電子辞書に何冊も収納されて活用されるようになったように。
---------------------------------------------------------------------
著作権がクリアされ出版社とも良い関係を築き、魅力的なサービスが生まれるための
苦しみを味わいつつも、巨大な力に押し流されないで、世界に向けたサービスを目指して
頑張ってください!!



---------------------------------------------------------------------
▼ 励みになります。

ビジネスブログ100選 ビジネスブログランキング >> ◆デザイナー集合サイトへ

---------------------------------------------------------------------

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌


【 大胆!便利!Corseka (コルシカ) 全ての雑誌をオンラインへ 】






ENIGMO とは、どういう会社?
「コルシカ」とは何をするサービス?

どちらも変わった名前だなぁ と言うのが第一印象。

2009年10月7日に新サービスが開始され、早速サイトにアクセスしてみました。

「Corseka (コルシカ) 全ての雑誌をオンラインへ」 とあります。

データのダウンロードや印刷は出来ないが、Webで閲覧できるサービスです。

▼Corseka (コルシカ) 全ての雑誌をオンラインへ
http://www.corseka.jp/

---------------------------------------------------------------------
◆Corseka (コルシカ)を体験
一通りのぞいてみると、スキャンした写真や原稿の品質が高く、雑誌の種類は、開始時に約100誌、10月中旬には250誌に増やす予定とあります。

おもしろい!  すばらしい!  良くやった!  と心の中で喝采の拍手を送りました。


◆溜まる雑誌を責められる
先日も溜まって部屋の隅に山済みになったカメラ雑誌の数々と、すぐにたまる週間アスキーに、いつ捨てるのと責められて、連休中にやっと廃棄したところです。
本棚には、既に本が一杯詰まっており、雑誌が入るスペースは、限られています。

知人は、買った雑誌をデジカメで撮影してパソコンで読んでいると言っていました。
データ化されることで、すぐ大量に溜まる雑誌を、早めに処分できるのかもと思っていたところです。

「コルシカ」のQ&Aによると、My Pageに36ヶ月間保管が可能。 フォルダーを10個持てる。

最新号が、読みたい時にすぐ購入できる。 何と便利なサービスなのだろうと思います。
---------------------------------------------------------------------
◆反社会的なのだろうか?
しかし このサービスを知ったのは、今朝の朝刊の記事でした。

ネットで雑誌閲覧 出版社「中止を」 「新サービスは著作権侵害」と刺激的なタイトルが並んでいました。

以前話題になったテレビ番組視聴サービスに似ているなぁ。
日本のテレビ番組を、海外出張先から見る事ができるサービスが、運用されています。
録画装置を購入し、その装置をサービス会社が保管して運用するため、私的利用の範囲として、裁判所で合法の判決が出ていました。

今回の「Corseka (コルシカ) 全ての雑誌をオンラインへ」の主張する根拠とは。

「取次会社から現物の雑誌を購入し、在庫分だけを閲覧できるようにしている。 利用者が自分で買った雑誌を私的利用の範囲で閲覧する形なので、著作権上の問題はないと思っている」と話されています。  朝日新聞 2009.10.8日 朝刊より

---------------------------------------------------------------------
◆利用してみた実感は
実際に購入してみると、わざわざ現物を購入しないでも出版社に購入誌分の仕入れ価格を支払う契約をすれば、環境にもやさしく時代にマッチしたサービスになるのになぁと思いました。

実際に画面で雑誌を読んでみると、サイトデザインは軽くて良く出来ています。
購入したのは、 ASCII.technologies(09/24号) データベースとして蓄積し、今後活用可能なのではないかと言う事で選びました。

FLASHで拡大、縮小やスクロールを行います。
常時左右2ページ見開き状態で表示されるため、ノートパソコンの小さい画面で見る時には、移動が多くなるので、1画面にならないのかなぁ。 とか
Windows 7 になったらマルチタッチ対応で指で簡単に拡大、縮小できると良いなぁ。 とか

全体のページがサムネールで下部に横長で表示されますが、小さくて何が書かれているのか少々不明です。 マウスを重ねるともう少し内容が確認できる位に大きくなってくれればなぁ。 と思いました。

自宅の24インチワイド画面に最大化して何とか読めるかなぁ。 少し拡大して読んでいました。

---------------------------------------------------------------------
◆普及に向けていくつものハードルがありますが
アメリカの大学が、教科書を電子書籍に置き換えて大ブーイングと最近の記事にありました。
シオリや、メモ記入、検索等 電子書籍が備えるべき条件が不足しているために現行の実物の書籍の使い勝手に負けてしまいます。
それらが、備わってくれば、広く普及して行くのだろうと思います。

アマゾン「Amazon Kindle」が、Corseka (コルシカ)と同日に日本でも発売になりました。
アメリカで大成功し、世界100カ国以上 で販売が開始されました。

日本から撤退した、ソニーの電子書籍端末事業も北米で黒字化したとの記事が、先日の日経エレクトロニクスに出ていました。

いよいよ本格的な電子書籍市場が動き出そうとしています。

先週、富士通フロンテックのカラー電子ペーパー液晶 FLEPia (フレッピア)で電子書籍を、購入してみましたが、漫画以外の少ない品揃えが、数年前の日本での電子書籍端末(シグマブック等)が販売された頃から、あまり変わっていないことを実感しました。


[1万円(税抜)以上送料無料]
【送料無料】FLPAAW2J FLEPia(8型ホワイト) : 富士通




---------------------------------------------------------------------
◆Change を生み出す思い切りの良さ
このような状況の中で「全ての雑誌をオンラインへを目指す「Corseka (コルシカ) 」が、日本から登場!

雑誌会社が現状の商品の流れを否定する事が困難で、なかなか変化できないでいる中で、本当に便利で使えるサービスが生まれれば、きっと本流になるのだと思います。

頑張れ 日本の 「コルシカ」 世界へ羽ばたけ
フレー! フレー! 「ENIGMO 」 デジタルカメラマンが勝手に応援します。

▼ENIGMO の経営理念も志が高くて良いですねぇ。
http://www.enigmo.co.jp/company/index.html




---------------------------------------------------------------------
▼ 励みになります。

ビジネスブログ100選 ビジネスブログランキング >> ◆デザイナー集合サイトへ

---------------------------------------------------------------------

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌


BLOG TOP