FC2ブログ

デジタル カメラマン 応援ブログ

デジタルカメラを通して見るワクワクする人やモノを応援するブログです。 Digital Cameraman Blog

【 高速PHS/WiMax/HSPA+/3.9G/スーパー3G各種次世代無線 】



style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-3768518140185305"
data-ad-slot="9524349166">



次世代無線方式が、平行して開発されていて、いったい何が次なのか・・・
そしてその次はに控えているのは何?
次世代として決まったWiMaxと高速PHS

現行機の高速化を目指す「HSPA+」

その先を目指す「ドコモがスーパー3G」と言ったところの記事を、集めてみました。

私の無線環境への希望は、虫食いの無い無線環境が出来上がる事です。
いつでもどこでも、インターネットにつながる事が当たり前の世界。
そうなると、対応する端末やサービスが、爆発的に拡大しそうです。
若い感性で新しいサービスが、次々と生まれてくるのを確かめる事が、楽しみです。

---------------------------------------------------------
2.5GHz帯利用2社が決定
高速PHSサービス と WiMax  2009年の実用化を目指す
---------------------------------------------------------
■ 最大75メガの無線ブロードバンド
WiMAXの実用化が秒読み段階
>> IT pro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/KEITAI/20050928/221856/

WiMAX
(worldwide interoperability for microwave access)
-------------------
3G  :3G携帯電話 W-CDMA/CDMA2000 1X EV-DOなど
~2Mbit/S
3.5G :HSDPAなど ~15Mbit/s
4G  : 100Mbit/s~1Gbit/s
-------------------
無線LAN :IEEE802.11a/b/g
WiMax :IEEE802.16-2004 ~75Mbit/s
-------------------

WiMAXは,無線によるブロードバンド・アクセスを提供する技術。都市部や特定地域のLANなどを相互に接続する広域ネットワークである MAN(metropolitan area network)を無線化し,Wireless MANを構築する手法として開発された。家庭や企業内などで使う無線LANよりも広いエリアを一つの無線基地局でカバーする方式である。

基地局と宅内などに設置した端末の間を無線でつなぐFWA(fixed wireless access:固定無線アクセス)での利用を想定した標準である。

WiMAX(IEEE802.16-2004)は固定した状態で利用することが前提であり,無線LANに近い利用法になる。一方,Mobile WiMAX(IEEE802.16e)は移動しながらの無線ブロードバンド・アクセスを実現し,現行の第3世代(3G)携帯電話よりも高速な通信サービスを提供できる。

図1 WiMAXの位置付け
固定通信(FWA)用のWiMAX(IEEE802.16-2004)と,モバイル通信用のMobile WiMAX(IEEE802.16e)がある。


【ケータイでお買い物するとポイント10倍!】
【無線LAN親機】Buffalo WLA-G54/P 無線LANブリッ...




------------------------
モバイルWiMAX とは
>> IT pro Keyword
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Keyword/20071126/287937/

無線LANが室内で約100mまでの利用を想定しているのに対し,WiMAXではカバー範囲を約10kmとすることで,ケーブルの敷設が難しい地域でのアクセス回線として活用することを想定している。

このWiMAXの「IEEE802.16-2004」にモバイル用途の機能を追加した「IEEE802.16e」規格がモバイルWiMAXで,半径約1k~3kmの範囲での通信を想定している。

ハンドオーバーで接続する基地局を切り替えながら連続して通信することが可能である。しかも,時速60kmを超えるような高速移動中でも通信できる

サービスとして実現される伝送速度は数M~数十Mビット/秒と,ADSL並みになる見通しである。



人気ブログランキング デザイン・アート

1日1クリックが励みになります。


------------------------------------------------
■ 2.5GHz帯の割り当て、ウィルコムKDDI陣営に決定
>> 2.5GHz帯の割り当て、ウィルコムとKDDI陣営に決定
http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20363835,00.htm
ウィルコムは次世代PHSと呼ばれる高速PHSサービスを、ワイヤレスブロードバンド企画はモバイルWiMAXと呼ばれる規格を採用する。両社とも2009年にサービスを開始する計画だ。

------------------------
次世代PHS とは >> iIT pro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Keyword/20080304/295353/?ST=network
最大20Mビット/秒超へ高速化した技術である。2.5GHz帯を利用した無線ブロードバンド通信方式

携帯電話サービスでは,上りと下りで別々の周波数を使う方式を採用している。これに対し,PHSは,上りと下りで同じ周波数を時間を分けて使うTDD方式。

2008年1月より,ウィルコムでは現行PHS基地局と地上IP網をつなぐ回線の光ファイバ化を進めている。従来は基地局と地上IP網の間はメタル回線でつないでおり,最大でも800kビット/秒しか出なかった。このボトルネックを解消し,現行のPHSを最大1.6Mビット/秒程度にまで向上させる計画である。だが,この光ファイバ化は次世代PHSへの布石でもある。

ウィルコムでは,2009年4月に次世代PHSの試験サービス,同年10月に商用サービスを始める予定だ。エリア展開は2011年度末に人口カバー率で6割弱,2013年度末に9割強とする計画になっている。月額利用料金は,4000円以下になる見込みだ。
------------------------------------------------


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-3768518140185305"
data-ad-slot="9663949963">


------------------------------------------------
WiMAXの行く末は?
>> 興味ある技術たち
http://y-yone-tech.blogspot.com/2008/01/wimax.html

現在流通している無線LAN(Wi-Hi)に変わる新しい無線技術「WiMAX」を2.5GHzの帯域で使用すると決め、その帯域を使用できる免許を最大2社に割り当てる。

------------------------
2.5GHz帯利用の次世代高速無線通信サービス,参入2社の課題を探る
>> IT pro

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080111/290879/

------------------------
目前に迫る地域WiMAXのポイントは?
>> RBB Today

http://www.rbbtoday.com/news/20080212/48602.html

地域WiMAXは、事実上の世界標準のWiMAX周波数となった2.5GHz帯を市区町村という小さな単位で分割し、公共の福祉の増進への利用を前提に通信事業者に割り当てるという日本独特の制度で、免許の割当て先やその利用手法の議論が盛んに行われているところだ。

全国バンドはノートパソコン向けのモバイルインターネットから展開がはじまるといわれるが、地元ならではのアプリケーションが地域WiMAXとセットとなれば、全国とは異なる発展が期待できそうなだけに「コストや性能の不利をカバーするWiMAXのシステム開発が待たれる」。

2007年12月21日にWiMAX(ワイマックス)の周波数帯が「ワイヤレスブロードバンド企画」と「Willcom」の2社に割り当てられることが総務省より発表されました。


---------------------------------------------------------
「3.9Gシステム」&「HSPA+」2010年頃の実用化
---------------------------------------------------------
3.9Gに加え「HSPA+」の技術的条件も検討へ,情通審の携帯電話等周波数有効利用委員会
>> IT Pro

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080421/299663/

現行のHSPA下りでは約14Mb/s上りで約5.8Mb/sを実現しているのに対し,
HSPA+では下りに約22Mb/s上りは約12Mb/sへ高速化を図る。

3.9Gシステムの技術的条件に関する調査に向けて,IMT2000高度化作業班の設置が決まった。
2010年頃の実用化を念頭におく。

2GHz利用のTDD方式については,他システムとの共用検討の結果が報告された。対象は,モバイルWiMAXやIEEE802.20 625k-MC,次世代PHS,UMB-TDD,LTE TDDである。いずれも,フィルターを使ったり,基地局を適切に配置したりすることで,共用が可能という。

---------------------------------------------------------
モバイルで200Mbpsオーバー!! ドコモがスーパー3Gを初公開
>> RESPONSE

http://response.jp/issue/2008/0415/article108210_1.html

スーパー3Gは「4Gにつなげるためのワンステップという位置づけ」(NTTドコモ無線アクセス開発部長の尾上誠蔵氏)である。そのためスーパー3Gの商用化では、基地局設備やサービスエリアは、既存の3Gインフラを拡張する形で展開されていく予定だ。


◆最大通信速度は100Mbps以上、通信遅延も大幅削減

3GPPで合意されたスーパー3Gの要求条件は、「最大通信速度が下り100Mbps以上、上り50Mbps以上」

◆クルマでの移動時に230Mbps以上を記録。遅延も小さい

“クルマ視点”で注目なのが、スーパー3Gの伝送遅延の小ささだ。走行試験では上下双方向で11 - 20ミリ秒前後の反応速度であり、某リアルタイム対戦格闘ゲームが滑らかに“ネットワーク対戦”をしていた。衝突防止など安全目的のITSではDSRCなど専用通信インフラの利用が望ましいが、将来的なプローブカーの発展やPND向けのオンラインサービスでは、スーパー3Gの持つ遅延の小ささ・反応速度の向上は有用な機能向上になりそうだ。

---------------------------------------------------------
次世代マルチメディア放送で重要なのは“ケータイユーザー”
の視点――メディアフロージャパン企画の増田氏
>> +D Mobile

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0803/21/news100.html

MediaFLO:
携帯端末向けマルチメディア放送技術の1候補と名乗りを上げた。

2011年のアナログテレビの停波を前に、跡地となる周波数帯の獲得合戦が本格化しようとしている。この周波数帯を利用したサービス候補の1つとして挙げられるのが、携帯電話向けのマルチメディア放送だ。

現状ではKDDIとソフトバンクモバイルがMediaFLO方式を、ドコモがISDB-Tmm方式を推進しており、それぞれが企画会社を設立して周波数帯の獲得に向けたアピール合戦を繰り広げている。

---------------------------------------------------------


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3768518140185305"
data-ad-slot="3718161165"
data-ad-format="auto">

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://digicman.com/tb.php/339-1c6080cf
該当の記事は見つかりませんでした。