FC2ブログ
デジタル カメラマン 応援ブログ 【 X JAPAN  ドラマーYOSHIKI のトレーナーは生き方について語る 】
デジタル カメラマン 応援ブログ
デジタルカメラを通して見るワクワクする人やモノを応援するブログです。 Digital Cameraman Blog
プロフィール

-----------------------------

Hassea

Author:Hassea
2012年度 YouTube動物動画において再生回数で世界一を達成できました。

2004年11月に一般向けデジタル一眼レフカメラが発売され、早速撮影を始めました。 娘の一輪車大会の撮影等を経て現在は、YouTuberとして活動しています。

メーカーでプロダクトデザイナー、ユーザー・インタフェースデザイナーとして様々な公共用機器や、市販のスマホ等のデザインに関わりました。
早期退職し現在は、新たな夢に向かってワクワクの日々を送っています。


・リンクはご自由にどうぞ。

digital_cameraman


・コメント・トラックバックは、
承認後に表示されます。

(本文に引用の無いトラックバック
は、未承認とさせていただきま
すのでご了承ください。)

・写真・映像の転用はご遠慮ください。

-----------------------------



記事・カテゴリー



写真・デジカメ関連サイト

track feed
◆このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

連絡事項がありましたら、ご利用ください。



Web + ブログ内検索

▼Web検索

Google
▼サイト内検索



最近の記事

→全記事リストを表示



カレンダー


Since 2007.05.05

→Blog Topへ(4件表示)



Automatic translation



デジカメ関連 カテゴリー

売れ筋・人気商品・クチコミ情報
今週の売れ筋が分かります

--------------------------
◆お勧めデジタル一眼カメラ
--------------------------
◆最新コンパクト デジカメ
-----------------------
◆交換レンズ
-----------------------
●ビデオカメラ
-----------------------
◆写真用プリンター
-----------------------
◆メモリーカード
-----------------------
◆バッテリー
-----------------------
◆三 脚
-----------------------
◆カードリーダー
-----------------------
◆カメラ用ケース
-----------------------
◆その他のカメラアクセサリー
-----------------------
→デジカメ チャンネル
--------------------------
PC・Web2.0関連図書
-----------------------
アート・デザイン関連図書
--------------------------
ビジネス・経済関連図書
-----------------------
実用・ホビー関連図書
-----------------------
旅行ガイド関連図書
-----------------------
科学・テクノ関連図書
-----------------------
語学・事典関連図書 
-----------------------
資格・検定関連図書 
-----------------------
ベストセラー図書
----------------------
◆グラッフィクソフト
----------------------
◆PCユーティリティソフト
----------------------
◆素材・データ集
-----------------------------
写真素材-フォトライブラリー
マイフォトを登録しています



掲載写真のご紹介

デジタル「写真の学校」
キットタケナガ
東京写真学園 他 (2005/07)
雷鳥社

【写真は楽しい。 撮る技術が身に
つけばもっと楽しい】

私が青山で撮影したバイクの 写真が掲載されました。

--------------------------
写真のプロになる! 「写真の学校」
久門 易 (2007/02) 雷鳥社

【写真は楽しい。 撮ることを仕事に
したら、もっと楽しい】

私が撮影した真っ赤なトマトの 写真が掲載されました。



デジタルカメラ関連商品



QRコード

携帯電話からのアクセス用

QR



【 X JAPAN  ドラマーYOSHIKI のトレーナーは生き方について語る 】


style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-3768518140185305"
data-ad-slot="9524349166">


昨年 X JAPANが、再結成され TOSHIさんX JAPAN大ファンの同僚の女性は、
今年7月に予定されていた海外公演に行く事を、大変楽しみにしてました。
しかし、YOSHIKI さんの椎間板ヘルニアと腱鞘炎が悪化し海外コンサートの計画が
無期延期され、落ち込んでいました。 

演奏に熱中してくるとコルセットを外してドラムをたたきまくり、破壊し、ドラムセットに飛び込んだ事も・・・
これだけ肉体を酷使すると、身体をメンテナンスしてもらえるトレーナーが欠かせないようです。

最近私の足首(サッカーで左右の足首捻挫20回位 靭帯が無いと・・)を見てもらった整体師の方が、
何とYOSHIKI さんのトレーナーを、以前されていた方でした。
具体的な内容に関してここには、書けませんが。 
柔道トップのトレーナーとしてオリンピックに帯同した事もある方です。

そのような方が、動きの激しいドラマーの身体を、詳しく診断し早期に回復させると言う事に携わる。
普段のトレーニングと身体のメンテナンスを求めるプロドラマーYOSHIKI さんの
執念を感じます。

私自身がそのトレーナーの方の診察を受けると、理路整然と痛みの原因に付いて、ていねいに
話しをしていただき、納得しながら回復に努めようと、自分の考えをしっかりと持てるようになります。

昨年の冬には、肩が痛くて相談しましたが、患部を暖めることを基本に、必ず直りますと、安心を
与えてもらい、普段行う体操等を実践して、今ではすっかり痛みがなくなってて感謝しています。

治療中には、じっくりと時間をかけて、考え方や、生き方に付いて会話が進んで行きます。
整形外科で診察してもらうと、痛み止めのシップ薬と内服薬をもらって、数分で診察が終わりが多い
ですが、こちらのトレーナーは、一人一時間もの時間をかけて治療が進みます。

私自身、今まで腰が痛い、手首が痛い、足の指先が痛いと、何ヶ所かの接骨院で電気治療や
マッサージを受けてきましたが、電気治療をして返って痛みが増す事もありました。

しかしこのトレーナーの方との会話には、原因となる内容を、勉強された豊富な知識をベースに
したその説得力が伝わり、更にこちらの気持ちを分かってもらえる安心感によって、この痛みは
直るのだと言う気にさせてもらえます。

熱心なファンの話しを聞いて、いつか「X JAPAN」に付いて書いてみたいと
思っていたところ、思いがけずYOSHIKI さんのトレーナーの方にめぐり会えました。
思いは伝わるものですね。 一緒にビールを飲んでいてふとした弾みで、話題が
X JAPAN」になり、話しがつながって行く。
思い続けていると、いつかは実現に向かう。 きっと実現する。

X JAPAN」 リーダーの YOSHIKI を中心に映像を、
紹介させていただきます。


悲壮感漂いつつ、生きている事を実感そして言葉にならない感動・・・。 
さんまのまんま YOSHIKI
 
  
 
X JAPANの歴史を、映像で振り返る。 そして再結成へ!!


1989年 Xとしてメジャーデビュー ビジュアル系で注目
1992年 X JAPAN へと改名
1997年9月 TOSHI脱退 X JAPAN 解散

1998年 5月 HIDEさんとお別れ

2007年 フランスで YOSHIKI のイベントに5000人の熱狂的なファンが集結
      アメリカ、ヨーロッパ、アジア に根強い人気 「X JAPANやっちゃおうかな」
      裏では色々と話しが具体化に向けて進んでいたようです。

9分32秒から「あなたの好きなX JAPANの曲は」ベスト10
11位「Forever Love」

X JAPANのYOSHIKIが自宅を公開
---------------------------------------------------------------------





関連記事


---------------------------------------------------------------------
▼ 励みになります。

ビジネスブログ100選 ビジネスブログランキング >> ◆デザイナー集合サイトへ

---------------------------------------------------------------------

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


BLOG TOP
この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://digicman.com/tb.php/375-19ff5d88