FC2ブログ
デジタル カメラマン 応援ブログ デジタル写真の未来【写真データの保存方法】
デジタル カメラマン 応援ブログ
デジタルカメラを通して見るワクワクする人やモノを応援するブログです。 Digital Cameraman Blog
プロフィール

-----------------------------

Hassea

Author:Hassea
2012年度 YouTube動物動画において再生回数で世界一を達成できました。

2004年11月に一般向けデジタル一眼レフカメラが発売され、早速撮影を始めました。 娘の一輪車大会の撮影等を経て現在は、YouTuberとして活動しています。

メーカーでプロダクトデザイナー、ユーザー・インタフェースデザイナーとして様々な公共用機器や、市販のスマホ等のデザインに関わりました。
早期退職し現在は、新たな夢に向かってワクワクの日々を送っています。


・リンクはご自由にどうぞ。

digital_cameraman


・コメント・トラックバックは、
承認後に表示されます。

(本文に引用の無いトラックバック
は、未承認とさせていただきま
すのでご了承ください。)

・写真・映像の転用はご遠慮ください。

-----------------------------



記事・カテゴリー



写真・デジカメ関連サイト

track feed
◆このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

連絡事項がありましたら、ご利用ください。



Web + ブログ内検索

▼Web検索

Google
▼サイト内検索



最近の記事

→全記事リストを表示



カレンダー


Since 2007.05.05

→Blog Topへ(4件表示)



Automatic translation



デジカメ関連 カテゴリー

売れ筋・人気商品・クチコミ情報
今週の売れ筋が分かります

--------------------------
◆お勧めデジタル一眼カメラ
--------------------------
◆最新コンパクト デジカメ
-----------------------
◆交換レンズ
-----------------------
●ビデオカメラ
-----------------------
◆写真用プリンター
-----------------------
◆メモリーカード
-----------------------
◆バッテリー
-----------------------
◆三 脚
-----------------------
◆カードリーダー
-----------------------
◆カメラ用ケース
-----------------------
◆その他のカメラアクセサリー
-----------------------
→デジカメ チャンネル
--------------------------
PC・Web2.0関連図書
-----------------------
アート・デザイン関連図書
--------------------------
ビジネス・経済関連図書
-----------------------
実用・ホビー関連図書
-----------------------
旅行ガイド関連図書
-----------------------
科学・テクノ関連図書
-----------------------
語学・事典関連図書 
-----------------------
資格・検定関連図書 
-----------------------
ベストセラー図書
----------------------
◆グラッフィクソフト
----------------------
◆PCユーティリティソフト
----------------------
◆素材・データ集
-----------------------------
写真素材-フォトライブラリー
マイフォトを登録しています



掲載写真のご紹介

デジタル「写真の学校」
キットタケナガ
東京写真学園 他 (2005/07)
雷鳥社

【写真は楽しい。 撮る技術が身に
つけばもっと楽しい】

私が青山で撮影したバイクの 写真が掲載されました。

--------------------------
写真のプロになる! 「写真の学校」
久門 易 (2007/02) 雷鳥社

【写真は楽しい。 撮ることを仕事に
したら、もっと楽しい】

私が撮影した真っ赤なトマトの 写真が掲載されました。



デジタルカメラ関連商品



QRコード

携帯電話からのアクセス用

QR



デジタル写真の未来【写真データの保存方法】
【 デジタル写真が読み込めなくなる日 !! 】

あなたの写真データはどのような形式で保存していますか?
友人にデータで渡す時には、いつ頃までそのデータを見て欲しいと思いますか?
-----------------------------------------------------
【子供は大人になって自分の写真を見る事はできるか】

私の小学高学年の娘は、生れた時からデジタルカメラで撮影しており、プリントは
非常に少なくなっています。 

子供達が一輪車大会に参加した時の写真は、プリントを希望する方以外には、CD-Rや
DVD-Rで配ります。
大会の動画映像を編集してDVD-Rで配る場合もあります。

心配な点は子供達が社会人になる頃にその時代の装置で再生できるのか
ということです。

-----------------------------------------------------
【私の写真データ保存方法】

大量の写真のファイル名は、極力 カメラが生成した生の状態にしています。
PENTAXの場合には、例えば「IMGP4374.JPG」Canon「IMG_3103.JPG」
拡張子のルールから逸脱しない範囲で、名称を変更することはあります。
一枚のCD-Rの中では、時間の推移に沿って写真が並んで欲しいのですが、
2台のカメラで撮影(望遠と広角2種類のレンズ)すると追番が、一台は「0100」から
別の一台は「3000」から割り振られて行くため
写真の並びが崩れてしまいます。
その時には、数字を変更してうまく並ぶようにしています。
ファイル名の自動変換ソフトもありますが、私は表示させたい順番を確認しながら
手で修正しています。

写真の配布用にスライドショーソフトが各種販売されていますが、
子供達が大人になった頃には、昔話しになっているウインドウズXPや、
マックOS X 対応の特定OSに依存する
アプリケーションソフト
での配布は、避けるようにしています。

私の写真データは、RAWTIFF←→
PSD(フォトショップ)
JPEGと変換して結果的に
4種類保存する事になります。
-----------------------------------------------------
【 あなたは、長期間 何に保存しますか? 】

大量の家族写真をCD-Rに保存したと思ったら、すぐにDVD-Rドライブが一般的になり
保存のやり直しを行いました。
これからは、BLUE RAY DISK かもしれませんが、この規格が
いつまで持つことか・・・ 
今でもより高密度のドライブ開発の話題が出ている状況では、手が出せません。

現時点の最善の方法は、大容量のHDD(ハードディスクドライブ)
生のデータで保存し更に次世代大容量のハードディスクに移行する方法だと思います。

接続方法が、SCSI(スカジー)のHDDは、今では廃棄して手元に残っていませんが、
USBをしばらく信頼することにしようと思います。

私の場合は、現在のHDDを購入した頃のUSBが低速だったため、映像編集を行うために
「IEEE1394」端子付きです。 
次にTB(テラバイト)HDDのRAID
 http://storage-system.fujitsu.com/jp/term/raid/01.html対応を購入する時には、
接続端子は、高速になって広く普及したUSBかなと思っています。 
-----------------------------------------------------
【 私のスキャンデータ保存方法 】

書類をスキャンして保存する場合には、以下の条件を考慮しています。

(1)A4縦の書類が、モニターでスクロールしないで確認できる
程度のサイズであること。

(2)印刷した場合に、文字がしっかりと読める程度の解像度であること。

(3)写真データが、あまりぐずれない品位を保つこと。

(4)データサイズがあまり大きくならないこと。

(5)長期間保存しても、特定アプリケーションに依存しないで読めること。

これらの条件を満たす設定として

 ○ 画面解像度は、100dpi程度とする。 
 ○ フォトショップで開いてから保存する場合には、「高:8」の画質を選択する。
 ○ JPEGデータで保存する。

 写真をJPEGで保存する場合には、目的にもよりますが、ほとんどは「最高:12」です。
 軽くする必要がある場合には、「高:8」にしています。

-----------------------------------------------------
【 各データ形式の特徴 】

 JPEG ・・・・・データが軽く高画質 不可逆圧縮のため保存する時に画質劣化が
発生する。 
       圧縮保存してもあまりデータが小さくならない。

 PNG・・・・・・・比較的軽いデータでありながら高画質 可逆圧縮のため画質の
劣化がない。 
       圧縮保存してもあまりデータが小さくならない。

 TIFF ・・・・・非常に重いデータ 高画質 可逆圧縮のため画質の劣化がない。

 BMP ・・・・・・非常にデータが重い 高画質 可逆圧縮のため画質の劣化がない。 
       圧縮ソフトでの圧縮効率が高くデータを小さくして保存できる。

  以上 フルカラー対応のフォーマット形式ですが、他の形式で
  GIFは、256色までのため、最近はPNGに置き代わってきました。

以上 写真を撮影してきた経験で書いてみました。 参考にしてみてください。

関連記事


---------------------------------------------------------------------
▼ 励みになります。

ビジネスブログ100選 ビジネスブログランキング >> ◆デザイナー集合サイトへ

---------------------------------------------------------------------

テーマ:∞写真関連情報∞ - ジャンル:写真


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


BLOG TOP
この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://digicman.com/tb.php/56-0c1721ac