FC2ブログ
デジタル カメラマン 応援ブログ  【 写真の評価軸 】 良い写真とは何か?
デジタル カメラマン 応援ブログ
デジタルカメラを通して見るワクワクする人やモノを応援するブログです。 Digital Cameraman Blog
プロフィール

-----------------------------

Hassea

Author:Hassea
2012年度 YouTube動物動画において再生回数で世界一を達成できました。

2004年11月に一般向けデジタル一眼レフカメラが発売され、早速撮影を始めました。 娘の一輪車大会の撮影等を経て現在は、YouTuberとして活動しています。

メーカーでプロダクトデザイナー、ユーザー・インタフェースデザイナーとして様々な公共用機器や、市販のスマホ等のデザインに関わりました。
早期退職し現在は、新たな夢に向かってワクワクの日々を送っています。


・リンクはご自由にどうぞ。

digital_cameraman


・コメント・トラックバックは、
承認後に表示されます。

(本文に引用の無いトラックバック
は、未承認とさせていただきま
すのでご了承ください。)

・写真・映像の転用はご遠慮ください。

-----------------------------



記事・カテゴリー



写真・デジカメ関連サイト

track feed
◆このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

連絡事項がありましたら、ご利用ください。



Web + ブログ内検索

▼Web検索

Google
▼サイト内検索



最近の記事

→全記事リストを表示



カレンダー


Since 2007.05.05

→Blog Topへ(4件表示)



Automatic translation



デジカメ関連 カテゴリー

売れ筋・人気商品・クチコミ情報
今週の売れ筋が分かります

--------------------------
◆お勧めデジタル一眼カメラ
--------------------------
◆最新コンパクト デジカメ
-----------------------
◆交換レンズ
-----------------------
●ビデオカメラ
-----------------------
◆写真用プリンター
-----------------------
◆メモリーカード
-----------------------
◆バッテリー
-----------------------
◆三 脚
-----------------------
◆カードリーダー
-----------------------
◆カメラ用ケース
-----------------------
◆その他のカメラアクセサリー
-----------------------
→デジカメ チャンネル
--------------------------
PC・Web2.0関連図書
-----------------------
アート・デザイン関連図書
--------------------------
ビジネス・経済関連図書
-----------------------
実用・ホビー関連図書
-----------------------
旅行ガイド関連図書
-----------------------
科学・テクノ関連図書
-----------------------
語学・事典関連図書 
-----------------------
資格・検定関連図書 
-----------------------
ベストセラー図書
----------------------
◆グラッフィクソフト
----------------------
◆PCユーティリティソフト
----------------------
◆素材・データ集
-----------------------------
写真素材-フォトライブラリー
マイフォトを登録しています



掲載写真のご紹介

デジタル「写真の学校」
キットタケナガ
東京写真学園 他 (2005/07)
雷鳥社

【写真は楽しい。 撮る技術が身に
つけばもっと楽しい】

私が青山で撮影したバイクの 写真が掲載されました。

--------------------------
写真のプロになる! 「写真の学校」
久門 易 (2007/02) 雷鳥社

【写真は楽しい。 撮ることを仕事に
したら、もっと楽しい】

私が撮影した真っ赤なトマトの 写真が掲載されました。



デジタルカメラ関連商品



QRコード

携帯電話からのアクセス用

QR



 【 写真の評価軸 】 良い写真とは何か?
良い写真とは何か?
プロにとっての良い写真と、アマチュアや学生にとっての良い写真を明らかにするには、それぞれのねらいに沿った評価軸がるのではないでしょうか。
アマチュアカメラマンを対象にした、ある写真教室での【写真の評価軸】を入手しました。

撮影技術 1~5点×10項目
感性点  1~5点×10項目
-----------------------------
  合計  100点

撮影技術
  1. ピント
  2. 露出
  3. 光
  4. 構図
  5. ブレ
  6. 色
  7. 主題配置
  8. カメラポジション
  9. タイトルと主題の鮮明度
 10.背景処理


感性技術
  1. 作品のすばらしさ
  2. 主題のすばらしさ
  3. 面白さ、美しさ
  4. 感銘度,インパクト
  5. 着眼点 
  6. 主題の明確さ 
  7. 主題と副題(背景)のつながり
  8. 五感と静と動
  9. 試み度
 10. 写真としての鮮明度


撮影会の写真を、各自3作品提出してその平均点を競うようです。
「技術総合」「感性総合」としてそれぞれに+1~10点のおまけが付いているようです。 平均点=(300点満点+α)÷3作品

-------------------------------------------------------------
イヤー細かいねー。 先生も大変ですね。 生徒さんには、楽しんでもらわないといけないし。

受験競争の影響で、何でも競争する事で自分のやる気を奮い立たせる世界があると言う事でしょうか。

趣味の写真で競争か、ウーン。 私はついて行けません。 
押し合いへしあいしながらモデルさんを取り囲んで屋外等で撮影を行うようですね。

そうゆう世界から自由になろうと思って写真で自分の表現力を発見したいと思っているのに、それで競争しようとは思わないです。

-------------------------------------------------------------
毎月雑誌に掲載される様々なユニークな視点を持った写真を見ると、「なるほど」「きれい」「おもしろい」「何これ?」「そうか、良くみるとこうなっているのか」「かっこわりー」「きたない」「しかしすごい」「どうやって撮ったの?」・・・・人それぞれが感じた瞬間が、そこに表現されています。

写真の学校で先生が言われていた言葉に、「何だろうと考えさせるところを、写真には残しておいて欲しいね。」と言うのがありました。
普段の生活の中では気付かない新鮮なその人なりの視点が、写真で表現されているとすごいと思います。 それは自分の写真を見ても同じです。 その時に感じて発見した所が表現されていると、すごいなと自分でも写真の表現力に関心します。 

私の関わっている工業デザインでは、自己のイメージを表現する事が、写真程はできないと感じる事が多々あります。
その点カメラマンの持っている感性に基づく写真表現には、大いなる魅力を感じます。 カメラマンは、すばらしい職業だと思います。

「写真の評価について---プロの見方」として写真家 山田彰一氏の記事がでていましたので紹介します。
 A. 技術点
 B. 希少性、努力
 C. 独自の感性

学校では、それぞれ先生方が評価軸として点数化する方法を持っておられるのでしょうか。
点数を付けるための評価軸がぶれないように自分でこっそりと持っているのは良いと思いますが、評価軸の項目を目標に写真を撮る姿にならないように、「自由」「画期的な若々しい表現」を認める方法であって欲しいと思います。
関連記事


---------------------------------------------------------------------
▼ 励みになります。

ビジネスブログ100選 ビジネスブログランキング >> ◆デザイナー集合サイトへ

---------------------------------------------------------------------

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


BLOG TOP
この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://digicman.com/tb.php/85-779645f0