FC2ブログ

デジタル カメラマン 応援ブログ

デジタルカメラを通して見るワクワクする人やモノを応援するブログです。 Digital Cameraman Blog

【ガレッジセールがやって来た!!】 撮影と承諾

ガレッジセールの番組に息子が出演予定!! ガレッジ × ビレッジ
「借り物競争バトル」の番組でガレッジセールのゴリさんと、川田さんの2組に分かれて町の中で探しものをします。
時間内に全品目を揃えられたらその町のオリジナルCMを流せる番組に、我が息子が登場です。

学校帰りに通りかかり「問題」を聞き急いで取りに帰る所を、カメラマンが近所まで追いかけてきました。 
家まで来なくて良かった。 (ホ!)
とって返して無事目的の「あるモノ」を持って行きました。

「ガレッジ × ビレッジ」
7月16日(月曜) 夕方6:30~7:00 テレビ東京で放送予定です。

本ブログの6月5日の記事に、「我が家の恐竜」が出ています。

撮影終了後 撮影関係者が、親の承諾を取りに来られました。
番組の流れによっては、事後承諾になる事もあり、ダメとなったら撮り直しになる可能性もある訳でヒヤヒヤものですね。

昨年は、「○○に泊まろう」関連番組で事前に「撮影に来ますので、・・・・・」と、スタッフの方が確認に来られて、撮影を断った事があります。 

この時は、ゴリさんでは無く第56回紅白歌合戦に出られた「ゴリエ」さんでした。

今回は、あっと言う間の出来事でOKとしました。

元モームス→ミニモニの女性アイドル歌手「まりっぺ」=「やぐっつぁん」こと矢口真里さんと川田さんともお話しして、2人のサインをもらったと、うれしそうに話してくれました。

東京から近い「地方」は、大勢のスタッフが撮影に来易いようです。

▼とうせんぼするヤンチャ息子。 5年前の写真です。
自転車をとうせんぼする息子

----------------------------------------------------------------------
撮影と承諾
最近は、人物だけでは無くビルや、特別なにも権利があるそうです。
日立の「あの木何の木」ハワイの木に年間○○○○万円のCM契約をしているそうですから。
エッフェル塔は、昼間は誰でも撮影OKだが、夜間の照明デザインに権利があり商業利用には、契約が必要だそうです。

承諾内容を記録として残す方法を、確立する必要があると思います。
最近のスタジオ機器用のソフトでは、出演者の氏名、住所を一人ずつ記録できるようになっています。 
再放送やDVD化する都度、確認が必要になるのも大変です。
デジタル映像と共に出演者がデータとして残っている事で確認作業が効率的にできる事がうたわれています。

映画の最後に延々とスタッフの名前が出るのは、昔から関係者の権利を尊重する意識が働いていたからだと思います。

アップル マッキントッシュの筺体の内側にスタッフの名前が刻まれていた事は有名ですが、プロダクトデザインで名前が出る事は、日本では、一部のデザイナーに限られています。
グッドデザイン賞では、メーカーのデザイナーも名前と顔が出ますが。

先日のスタジオ写真フェア 2007で株式会社アマナの進藤社長がこのように発言されていました。
写真の「新たな付加価値サービス」として、「各種権利代行サービス」「ライツクリアランスサービス」を開始しました。

デジタル時代の写真や映像の権利を、いち早く事業化する視点と実行力がすばらしいと思います。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://digicman.com/tb.php/89-ce0c4040
該当の記事は見つかりませんでした。