FC2ブログ
デジタル カメラマン 応援ブログ

【博多祇園山車に、視聴率トップの 篤姫 を発見! 】

2008/08/27
My Photo 海外・その他 0
昨日のブログの記事が、グーグル検索にヒットしないため、一部修正して再登録してみます。
通常は、タイトルを、検索窓に入力するとヒットしていますが、芸能人の名前か、単語の表示頻度かが
グーグルの違法SEO対策が適用されて、記事が登録されていないようです。
---------------------------------------------------------------------
篤姫」の視聴率が、20000年代のベストワンを達成

篤姫』が今年度No.1平均視聴率獲得!! 00年以降大河作品の中でもトップに
>>ORICON STYLE
http://contents.oricon.co.jp/news/movie/57343/full/

放送開始以来 視聴率20%以上をずっと維持。
大河ドラマ史上最年少主演の、はつらつとした表情を見せる「宮崎あおい」さん
も輝いて魅力的です。

JR博多駅を出ると、目の前に見上げるように大きな山車に圧倒されました。

博多祇園山車の全体
博多祇園山車全景


1241年に始まったという、伝統的な夏祭りとして
国の重要無形民俗文化財にも指定されている博多祇園山笠は、
福岡県に住んでいた幼稚園の頃の私の記憶の中にワンシーンとして残っています。

母親や今は亡き父親に電車に乗って見せてもらった商店街のアーケードには、いくつもの きらびやかな山車が並んでいた風景を、強烈な印象として今でも思い出します。

博多祇園山笠は、760年以上も受け継がれ、篤姫と結び付き現代に引き継がれていました。

 ズームが自在な写真&ムービーカメラ Xacti(ザクティ)で撮影しました。 

デジタルムービーカメラ Xacti(ザクティ)DMX-CA8 (ホワイト)


博多山車の解説書
人形制作 生野四郎氏 /「篤姫」の博多祇園山笠の解説です。


---------------------------------------------------------------------
記事公開後

いくつかの検索窓で検索してみると、Lunascape4 のGoogleで検索をかけると、表示できないようです。

「i Google」や、「Ctrtを2回押して検索窓を表示」で検索をかけてみると、しっかりと登録されていました。

正規の「Google」検索窓と何らかの差を設けているのか分かりませんが、登録されていて一安心です。

この記事のタイトル全文字【博多祇園山車に、視聴率トップの 篤姫 を発見! 】でGoogle検索かけてみたところ、
約20分後には、検索にヒットするように登録されていました。
文章を分析しサーバーに登録されるスピードには、圧倒されます。
---------------------------------------------------------------------


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3768518140185305"
data-ad-slot="3718161165"
data-ad-format="auto">


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Trackback 1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) 篤姫

篤姫館篤姫・・・。 【博多祇園山車に、視聴率トップの 篤姫 を発見! 】天璋院篤姫の生涯たどる 婚礼調度品、着物、自筆の書簡… 来月6日から「篤姫」 しきたり巡り「江戸VS京都」散歩道:3世代でかかし作りに挑戦--古河 /茨城

Hassea
Admin: Hassea
2012年度 YouTube動物動画において再生回数で世界一を達成できました。

2004年11月に一般向けデジタル一眼レフカメラが発売され、早速撮影を始めました。 娘の一輪車大会の撮影等を経て現在は、YouTuberとして活動しています。

メーカーでプロダクトデザイナー、ユーザー・インタフェースデザイナーとして様々な公共用機器や、市販のスマホ等のデザインに関わりました。
早期退職し現在は、新たな夢に向かってワクワクの日々を送っています。


・リンクはご自由にどうぞ。

digital_cameraman


・コメント・トラックバックは、
承認後に表示されます。

(本文に引用の無いトラックバック
は、未承認とさせていただきま
すのでご了承ください。)

・写真・映像の転用はご遠慮ください。
My Photo 海外・その他

[Halo] designed by Akira.

Copyright © デジタル カメラマン 応援ブログ All Rights Reserved.